Top >  介護支援専門員(ケアマネ)試験短期間で合格への学習法 > 教育訓練給付制度を上手に活用する

教育訓練給付制度を上手に活用する

教育訓練給付制度は、国の雇用保険制度で実施されます。

働く人の主体的な能力開発の取組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。


一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)または一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した場合、教育訓練施設に支払った教育訓練経費の20%(支給要件期間が3年以上の者。ただし、初回に限り、1年以上の者。)に相当する額(上限10万円)をハローワーク(公共職業安定所)から支給します。


平成19年9月30日以前に受講を開始された場合は教育訓練経費の40%に相当する額(上限20万円(支給要件期間3年以上5年未満の場合は教育訓練経費の20%に相当する額(上限10万円))をハローワーク(公共職業安定所)から支給します。


厚生労働省 教育訓練給付制度HP

関連エントリー
介護支援専門員(ケアマネ)試験を短期間で合格!通信講座 | 平成24年介護支援専門員実務研修受講試験合格対応通学コース開講中! | みんなで一緒に学ぶ介護支援専門員通学講座 | 教育訓練給付制度を上手に活用する |